カードキャッシングについて

カードキャッシングをする時に、貸金業者によって金利が違うのは、貸金業者が資金を調達するために借入れする時の利率が違うからです。

したがって、貸付業者に資金を貸し付けている利率が低い場合は、個人に貸し付ける場合の金利も低くなるということです。消費者金融でカードキャッシングをする時は、基本的に担保も不要だし、保証人も不要です。

これは、消費者にとってはキャッシングしやすいので非常に便利ですが、貸金業者側にとっては大きなリスクがあるのです。そのリスクとは、カードキャッシングした利用者が破産してしまうことです。

こうなってしまうと、貸金業者は貸したお金を一切回収することができないので、大きな損失を背負うことになります。こういった大きなリスクがあるので、貸金業者の金利は銀行よりも高く設定されているのです。

では、「金利の低い銀行にキャッシングを申込んだほうが得なのでは?」という方が多いと思われますが、銀行の審査はなかなか通らないというデメリットがあるのです。

キャッシングは一時的に資金が必要で、スピードを要する場合がほとんどです。すぐにキャッシングしたい時に、審査に時間がかかる銀行は不便なのです。

したがって、キャッシングをする方のほとんどは、小口融資がすぐにできる貸金業者を利用するのです。
キャッシング 審査基準


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。