無利息キャッシングについて

金利を低く抑えたい方や、短期借り切れをお考え借入は時々必要になるけど、利息は支払いたくない、しかも、何度も利用可能なものはないかな。」
という欲張りな人には、「○日間無利息」を活用することをお勧めします。

借入をしても、1週間、もしくは、10日間以内に返せば利息はかからないという仕組みが「○日間無利息」です。
何度もこのような商品を借入可能な会社があれば、なんて利用者側にしてみたら都合のよいことでしょう。

しかし、この「商品」を利用するために必要最低限守らなければならないことがあります。

それは、
「きちんと期日内(無利子でいられる期間内)に返済すること」
です。
万一、守れなかった場合、このように「無利息の商品」の借入を、二度と利用ができなくなります。
普通の消費者金融の利用お客様と同様に、日割り計算による利息のついた借入方法を選ばざるしかないのです。
スピード キャッシング

カードキャッシングについて

カードキャッシングをする時に、貸金業者によって金利が違うのは、貸金業者が資金を調達するために借入れする時の利率が違うからです。

したがって、貸付業者に資金を貸し付けている利率が低い場合は、個人に貸し付ける場合の金利も低くなるということです。消費者金融でカードキャッシングをする時は、基本的に担保も不要だし、保証人も不要です。

これは、消費者にとってはキャッシングしやすいので非常に便利ですが、貸金業者側にとっては大きなリスクがあるのです。そのリスクとは、カードキャッシングした利用者が破産してしまうことです。

こうなってしまうと、貸金業者は貸したお金を一切回収することができないので、大きな損失を背負うことになります。こういった大きなリスクがあるので、貸金業者の金利は銀行よりも高く設定されているのです。

では、「金利の低い銀行にキャッシングを申込んだほうが得なのでは?」という方が多いと思われますが、銀行の審査はなかなか通らないというデメリットがあるのです。

キャッシングは一時的に資金が必要で、スピードを要する場合がほとんどです。すぐにキャッシングしたい時に、審査に時間がかかる銀行は不便なのです。

したがって、キャッシングをする方のほとんどは、小口融資がすぐにできる貸金業者を利用するのです。
キャッシング 審査基準


個人信用情報

個人の属性情報(氏名・生年月日・住所等)と個人の返済能力等に関する情報。返済能力情報はクレジット等の利用状況、過去の利用状況、返済実績などに関する情報、破産宣告等の公的記録がある。この情報をもとに企業側が与信を行う
即日 キャッシング

本人確認

消費者金融は特に本人確認に力を入れています。そのために電話などで確認の電話がきた際に本人じゃなければとっさに答えられないような干支や星座を聞くのです。もし本人確認を怠り申込者にお金を貸してしまえば、返済がない時点で全て損害となるために本人確認は厳格に行っているのです。自宅の電話番号が間違い無いかを住所から「104」で調べます(電話番号の名義人を聞くのはそのためです)。更に直接電話をして確かめます。この場合は「はい○○です」と言って間違いなければ、何も言わずそのまま切ったり、個人名で本人がいるかどうかを聞きます。
キャッシング 審査

審査基準が低い消費者金融

ブラックや多重の方など、他社借り入れのある方にも柔軟に対応してくれる消費者金融情報です。

他社借り入れが数社ある、大手に審査を申し込んだら審査で断られた、なんて人には中小の消費者金融会社がお薦めです。
比較的大手より、審査基準が低い(審査が甘い)
消費者金融もあり、借りやすいかもしれません。
キャッシングには審査が必要で
同時に数社に借り入れがある場合や安定した収入が無い時でも
お金を借り入れしてもらうことに意味があるので、
審査が甘い消費者金融会社が多く成っているのも事実です。
スピード キャッシング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。